« 2010年9月 フラット35の実行金利が過去最低 | トップページ | 平成22年8月の住宅ローン金利別利用状況 »

2010年9月 7日 (火)

今月または来月にローン実行予定の人は必見!

住宅ローンの変動金利以外の金利に影響がある長期金利(新発国債10年物国債の利回り)が上昇しています。

昨日は一時1.195%まで上昇しています。

先月は一時1%を切っていた影響もあり、今月の住宅ローンの実行金利(変動金利以外)は低下しており、フラット35は過去最低水準となっています。

しかし、このまま長期金利が上昇基調になると、10月の住宅ローンの金利(変動金利以外)は今月に比べて上昇する可能性が高まります。

長期金利の動向は、民主党総裁選の結果も影響するので、まだまだ断言できませんが、今月または来月、物件の引渡し=住宅ローンの実行の選択が可能な状況にある人は、今月引渡し=住宅ローン実行が今のところお勧めの状態です。

マイホーム購入の診断やっています!

|

« 2010年9月 フラット35の実行金利が過去最低 | トップページ | 平成22年8月の住宅ローン金利別利用状況 »

住宅ローン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。